NEWS

[2017/03/21]
京王バスで春を探しに行こう!路線バスの旅を応援するガイドブック
 



突然ですが、京王バスで春を探しに行きませんか?

実は京王バスが走っている沿線には、まだまだ知られていない桜並木の穴場や、
広々とした、遊具もそろう公園がたくさんあります。

『東京バスさんぽ』では、最新号で【飛田給駅~多磨駅】【北府中駅~国立駅】を紹介しています。

飛田給駅~多磨駅には、味の素スタジアム通りにそびえる桜並木や、
調布飛行場に離着陸する飛行機が間近に見られる武蔵野の森公園があり、
楽しいお散歩コースになっています!
京王バスが調布駅~飛田給駅~多磨駅と走っているので、好きなところだけ歩いて、
乗りたい時にバスに乗ることが出来ます!

北府中駅~国立駅には、歴史の息吹を感じられる遺跡や公園が盛りだくさん!
某有名シンガーも歌った「多摩蘭坂(たまらん坂)」も、歩いて初めて感じることがあるはず!
また付近には京王バスの本社があることから、社員オススメのグルメなお店も紹介しています。


また、南大沢営業所の所員が手作りで制作した『沿線お出かけ情報版』もチェック!
創刊より36号を数え、最新号は「桜」特集とこの時期にピッタリです。
バスを運行する多摩市、八王子市で、桜の名所や穴場を紹介します!

本誌は南大沢営業所のバス内で配布していますが、こちらではスマートフォンやタブレット、
パソコンでご覧いただけます。手軽に持ち歩きながら、桜散歩をお楽しみください♪


なお、何度も京王バスに乗ったり降りたりするときには【全線一日フリー乗車券】がお得です!
都区内地区の均一料金区間のみをご利用の場合は【IC都区内一日乗車券】がさらにお得!
バスご乗車の際に乗務員に声をかけご購入ください。

ぜひ春のひとときを、路線バスの旅でお楽しみください♪